メニュー

院長から皆さまへ

当院の基本姿勢

  1. 患者さま一人一人に対して、真摯にお話を聞き、ホスピタリティの精神で接します。
  2. 常に学ぶ姿勢を重んじ、医療の質の向上に努めます。
  3. 他の医療機関、関係者との連携を積極的に行います。
  4. 感染が広がらないように院内の感染予防に努めます。
  5. 医療従事者として守秘義務を守り、個人情報保護に努めます。

地域の皆さまへの思い

私は旧湯津上村(現大田原市)で生まれました。湯津上は昔も今も「・・(屋号)の・・さん」というように屋号で呼び合います。地域のつながりが強いそんな中で、周囲の方々に温かく見守られながら私は育ちました。ですから、高校時代進路について考える時も、新潟大学の医学部を卒業する時も、自治医科大学で医師として勤務している時も、常にあったのは「自分を育ててくれた地域の皆さんの役に立ちたい」という思いです。自治医大を退職し帰郷してからは、診療や家族を通してさらに多くの方々と接する機会が増え、その思いは一層強くなりました。

患者さま一人一人を大切に

第1診察室前に白い押し花の額があります。これは知人の手作りの作品です。一つ一つの花に心が込められていて、見ているだけで癒されます。私たちもこの花のように、一人一人の患者さまを大切にしたいと思っています。

院長 小林 伸久

資格

  • 医学博士
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医師
  • 日本ヘリコバクタター学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 日本医師会認定産業医

略歴

1981年 大田原高校卒業、新潟大学医学部入学
1987年 同医学部卒業、自治医科大学消化器一般外科入局
1992年 同病院助手
1996年 同講座助手
2002年 自治医大退職、那須中央病院外科勤務
2003年 医学博士の学位を取得
2010年 同病院退職、小林内科外科医院開設

趣味・好きなこと

  • 野球
  • 俳句
  • 休日に子供と図書館や公園に行くこと

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME